Need a Marriage Makeover?

“What can I do to save my marriage?” As a counselor, this is the most frequently asked question that I encounter. If you take seriously the covenant of marriage between a husband, wife and God, it is painful to even consider divorce as an option. So, what can couples do to bridge the gap left in their marriages from issues of infidelity, loss of trust, abandonment, neglect, abuse, fatigue, financial hardship, harmful addictions, etc. What do you do when the pain of remaining with someone is so overwhelming that divorce seems like the only escape to peace and sanity?

First, let\’s identify key issues that make researchers conclude that between 40% and 60% of new marriages will eventually end in divorce. (Brian K. Williams, Stacy C. Sawyer, Carl M. Wahlstrom, Marriages, Families & Intimate Relationships, 2005). One of the glaring problems is that our society teaches us that everything and everyone in our lives requires work and maintenance except our marriages. Hollywood has hoodwinked us into believing that once we say “I Do”, everything will fall magically into place and we will ride off into the sunset and live happily ever after.

We all recognize that owning a home requires constant maintenance and a regular financial investment. We bring children into the world and we automatically shift into parent mode providing for their needs and carefully crafting a future for them. We even purchase automobiles and diligently change the oil, follow a prescribed maintenance plan, and secure the proper insurance. However when it comes to marriage we put our lives on autopilot and assume that somehow things will work themselves out. My mother used to tell me, “Whatever you did to get him, you got to do the same thing to keep him.” I\’ve often reminisced about the amount of work I put into my relationship while dating. I never wanted to appear in a negative light. I went out of my way to be supportive and flattering. You get the point!

Your marriage must become sacred, precious, and a top priority.

God thought so much of marriage that he created a wife specifically for Adam so that he would not be alone. If the enemy can destroy our marriages he can destroy our families. Children of divorced parents lack a Godly example of a two-parent, loving, spirit-filled home. Many of us wonder why our children end their marriages in divorce once they have matured, but we failed to recognize that a generational curse has been introduced into our families. We allow our children to hear us talk negatively about their other parent. They see us verbally (and sometimes physically) assault one another.

We must end the attack on our marriages and families and change the discouraging statistics! What can you do to be proactive about keeping your marriage and family healthy? Here are a few biblically-based steps to help you “divorce-proof” your marriage and protect your family:

Create a Marriage Plan. The purpose of a written marriage plan is to provide direction, content, structure and purpose to your marriage. Just as you, as an individual, have a God ordained purpose, so does your marriage. If you\’re not certain what that purpose is, pray about it, then talk to your spouse. Reassess your gifts and abilities and share your heart\’s passion until God\’s purpose is crystal clear. Then write it down as a mission or vision statement (Habakkuk 2:2-3) for your marriage. What do you want to accomplish together (e.g., successfully rear our children, finish our degrees, start a business, work together in ministry, write a book, own property, etc).

Cultivate Your Love Life. Marriage takes work. This work isn\’t one-sided but the load is equally shared; which makes it seem much lighter (Eph. 5: 22-25). Work on how you talk to one another. Use love language that is certain to affirm, build up, and support your spouse. Set aside a date night once a week or twice a month. Find a sitter and spend time alone simply sharing your dreams. Take vacations together and remember that little things (e.g., a home cooked meal, a single flower, a massage, an encouraging word) mean a lot.

Center Your Marriage In Christ. A relationship devoid of Christ is a relationship headed for divorce. The trials and tribulations that you face daily, coupled with the reality that your spouse, as well as you, are flawed human beings, is enough to end the strongest marriage. Never forget that your marriage vows included a covenant with God; and with God all things are possible (Matt. 19:26). Continue to invite God into your marriage to guide, comfort, protect and keep you and your spouse.

I hope you will begin taking the necessary steps to fortify your marriage “before” and not “after” any breakdown. Value the gift of marriage and family, recognizing that there are many people who would love to be married with children. Remember, marriage will work if you work at it!

- Lisa M. Tait, M.A., M.Div., D.Min., serves as an Adjunct Professor at the ITC, a pastoral counselor and co-host of Relationship Thursday on Praise 102.5 FM (Radio One). She is author of Women of Destiny: Five Principles For Pursuing Your Purpose in God. Visit her at www.drtait.com

Comments

comments

26 thoughts on “Need a Marriage Makeover?

  1. Pingback: website

  2. brewerylouisville

    極上の素材を用いるモンクレールは「プレミアム・ダウンウエア」の代名詞としても別格のステータスを認められている。1968年に第10回冬季オリンピックが開催された、スキーリゾートで名高い街、グルノーブル(フランス)。アルプスの麓に位置するそのグルノーブル郊外の小さな村、Monestier de Clermontに1952年、モンクレールは誕生した。社名は発祥の地の頭文字を取って命名されている登山グッズのメーカーという前身を持つだけに、品質は折り紙付き。世界的なアルピニストで、アルペンスキーのチャンピオンだったアドバイザーの着想から始まったダウンジャケットはイタリアやフランスの山岳登頂隊に採用され、評価を高めていった。より軽く、より動きやすいウエアをという登山家、アスリートからの要求に応える中で、モンクレールのクオリティーはさらに磨き上げられたアルピニストやスキーヤーといったプロが頼りにするブランドとして認知されていたモンクレールに、やがてファッションメディアも関心を寄せ始めた。ランダムに施された奇抜なキルティングステッチや、光沢のあるナイロン素材を彩る鮮やかなカラーはモンクレールの街での人気に火を付けた。ファートリミング、サテン素材など、革新的なアイデアを打ち出し続け、ファッション化を推し進めたモンクレールは99年に初の春夏コレクションを発表。モードなブランドとしてのポジションを確かなものにしたモンクレールの持ち味と言えるスリムフィットというフォルムは冬場の着ぶくれを遠ざけてくれる点でありがたい。最高級のフレンチグースのフェザーダウンは保温性も頼もしい。着のダウンブルゾンに平均約300グラムのダウンを用いるモンクレールは、フランス産の最高品質ダウンの大半を消費しているという。しっかり暖かく身体を包んでくれるから、インナーは薄手でも大丈夫。夏物のワンピースを、冬に着回すシーズンレスなコーディネートの楽しみも広がる。日経ウーマンオンラインニュースライフ

  3. Pingback: website

  4. cheap ray bans aviators

    Of these that are enthusiastic about EANF. Ought not overlook due to the fact EANF has become products on discount sales in this website. You can examine price ranges and read additional information the following.

  5. Pingback: residences

  6. Pingback: website

  7. www.sixcontinentstravels.com

    ファッションに頼ってモテたい人というのは、殆どの場合、コミュニケーションのノウハウをあまり身につけていない。対して、見た目が多少おざなりでも、周囲への配慮が行き届き、場に即した機知を働かせ、リーダーシップを発揮できるような男性というのは、好感を集めやすいものだし、女性諸氏はそういう所まできっちりとみていたりする1。結局、コミュニケーションの様々なノウハウを身につけていかないことには、どれだけ服飾や髪型に金をかけたところで好意を抱いて貰えないし、ましてやモテるなんて夢のまた夢としか言いようがない。そこら辺が出来ていないのに、やたらと伊達者を気取ったところで、“ファッションの威を借りる狐”とみなされるのが関の山だ結局、コミュニケーションに有利な諸スキルスペックを、トライアンドエラーを通して積んでいくしかないし、そのための近道なんて存在しないのだ。泥を啜ってでもモテたいと思うのなら、宴席で隣の女性がコップをひっくり返した時にすぐリアクション出来るような意識や、相手に読み取ってもらうことを前提にした表情づくり、声のトーンやボディランゲージetc…といったものに、もっともっとリソースを割くべきなのだ。そして、自分自身が苦手意識やコンプレックスを持っていようとも、反復的な実践と、実践を通しての経験蓄積を躊躇ってはならない。コミュニケーションのノウハウ獲得にエネルギーを差し向けないで、ファッションに耽溺しているだけでモテると思うほうがどうかしているとはいえ、モテ修練にあたってファッションが無意味かというと、そうでも無いと思う。最低限の身だしなみを越えた水準のファッションも、もしかするとモテに寄与することがあるかもしれないコミュニケーションを実地で試行錯誤するにあたって、自分が良いと思う服を身につけておけば、変にオドオドしなくて済むかもしれない。自分が良いと思う服は、オドオドしがちな心境の時に、ちょっとだけ勇気を分けてくれる。“要は、勇気が無いんでしょ”という心境は、足を竦ませて、コミュニケーションの修練を大いに妨げるので、この効果は意外と馬鹿に出来ない。いわゆる“服屋に行く服”というやつもこれだ。自分が良いと思う服を着ていけば、敷居の高い場面に臨みやすくなるただし、高価な服で自意識を守ることに依存し過ぎると、コミュニケーションのノウハウを蓄積させるよりも服で自意識を守るほうばかり達者になってしまう恐れがある(ファッションオタの多くは、これに該当する)。また、特定の服やブランドに心理的に入れ込み過ぎると、今度はその服やブランドがアキレス腱になってしまうことがある。つまり、その服やブランドが批判されたり非難された時に、冷静さを失って顔を真っ赤にせずにいられない、という弱点を新たに抱えることになりかねない。こうした依存や弱点を周知したうえで、ほんの少しだけ勇気を分けてもらう分には、良い働きをしてくれる自分の身の丈よりもちょっと高いと思うようなファッションブランドを購入するのも、時には良いかもしれない。「俺はまだこんな有様だけど、いつか、この服が似合うような自分になりたい」という気持ちを抱き、自分の現状とファッションブランドとのギャップを埋めるべく粉骨砕身するというのは、けっこうな励みになる。「俺様は、これぐらいのブランドで偏差値60かな?」とふんぞり返りながら服を買うのではなく「この服に俺は追いつきたい!」と思って一張羅を買うほうが、“ブランドにあぐらをかく”ような事態を招きにくい。自分がこれから向かっていくライフスタイルと矛盾しない服に憧れておけば、地に足の着かないブランドに手を出してしまうリスクも下げやすいファッションを背伸びの目標として使うなら、まず、背伸びの目標に相応しいブランドなりファッションなりを探し出す必要がある2。なりたい自分・目指したい自分を象徴するようなブランドやファッションが見つかったならしめたものだ。今はまだ遠くても、そのブランドやファッションがぴったりと似合う自分自身を目指して、あれやこれやと挑戦すればいいと思う。個人的には、二十代のうちは、少し大きめの身の丈を目指すぐらいでも構わないと思うなお、背伸びの目標は、遠すぎず近すぎないものが良いだろう。自分の身の丈をあまりにも無視して、高すぎる目標のブランドやファッションをいきなり選ぶのはお勧めしないある程度ライフスタイルの方向性が確立したうえで、そのライフスタイルと矛盾の少ないファッションを提示できれば、そこでようやくファッションは加点として生きてくるのではないか。ファッションだけが浮いた形で突出しても、“違和感という名の減点”を免れないが、ライフスタイルや志向と自分が選ぶファッションの方向性が相矛盾しないものであれば、この“違和感という名の減点”を最小化しやすい。しかし、ここまで到達した頃には、既にモテているか、モテるモテないで悩む境地を抜けているような気がするので、これからモテたい人は、この項目をあてにしないほうが良いような気がするちなみに、違和感という名の減点は、ライフスタイルとの矛盾だけではなく、コミュニケーションの諸技能が拙劣すぎても発生しやすい。「あいつ、あんな高そうな服着て、キョドりまくってやがるぜ」という事態は、良くない印象を与えやすいのをお忘れなく。「ショッピング」に役立つリンク集

  8. Pingback: website

  9. pranakriyaatlanta.com

    FNOは既存の店舗が既存の商品を販売しただけだが、そこに明確な目的大義名分があり、世界のファッショニスタが集まったことで大きな効果が現れた。

  10. Pingback: check my blog

  11. Pingback: morocco

  12. Pingback: SD Pharmaceuticals

  13. Ontario Energy Group

    There are some attention-grabbing cut-off dates in this article but I don’t know if I see all of them heart to heart. There’s some validity but I’ll take maintain opinion until I look into it further. Good article , thanks and we would like extra! Added to FeedBurner as nicely

  14. Pingback: buffalo web design

  15. borse louis vuitton

    The type of IPL just isn’t going to go away for good want. Few hundred folks don’t like the company’s cricket npotentially features. It is some of cricket’s community, The gamers like it so much and your public runs around it down.

  16. atlanticcityheadliners.com

    けれど、自分が今感じていること、個性としたいこと、そして他人にアピールできることは絶対に見た目ファッションにあらわれると思いますすなわちそれは、単なる見た目ではなく、個性の発露のひとつだといってもいいと思いますちがった言い方をするとすれば、自分をいかにデザインして生きていくか、ということだと思いますそしてそれは、豊かな生き方だと思います自分が外に向かって発信する個性くらい、自分で見つけてきてデザインしなきゃねそんな感じですすいません、めちゃくちゃカタくなってしましました(O;)ああ。。私は「清楚な」身だしなみや「センスのある」着こなしには、それなりにこだわりますけど人間裸になれば皆同じだよ。と言いたいのですが、それは置いといて・・、

  17. Pingback: website ranking

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>